飛ぶノート出雲

特設サイト:http://tobunote-izumo.com/

飛ぶノート出雲とは?

  • 学生から集めた手書きの提出物を、スキャンして評価後、学生個人に返却するシステムです。
  • 学生への返却はeポートフォリオを使って閲覧することもできます。
  • 学生の識別にマークシートモジュールを含んだ製品で、汎用性の高いシステムです。

 

飛ぶノート出雲はこんな先生に便利です!

  • 100人以上の学生に授業ごとにレポートを提出させているが、返却が大変。
  • 学生全員に、授業のたびに感想とまとめを書かせているが、保存する場所が無い。
  • e ポートフォリオを導入したが、十分に活用できていない。
  • e ラーニングの初級編として導入する。

 

主な特長

飛ぶノート出雲概要図

 

講義ごとのレポートをデジタル化

専用の用紙でレポートを提出することで、提出された学生ー人ー人のレポートをデジタルペーパー (PDF) に変換して保存することができます。200枚の授業のレポートのスキャン作業時間は1分程度で完了します。

レポート評価

デジタル化されたレポートを評価、採点することができます。学生個人に向けたコメントの記入もできます。

学生へのレポート返却

学生は飛ぶノート出雲にログインすることで、学生個人に返却されたレポートを閲覧する仕組みのため、プライバシーが保持されます。個人に向けたコメントを確認することができます。

蓄積されたレポートの利用

学生の振返り学習を支援します。提出したレポートは、すべて個人フォルダに蓄積されているため、必要に応じて確認することができます。蓄積されたレポートを利用することで、科目間で連携した課題への対応が可能となります。

レポート以外の利用

マークシートのデザインや配置がカスタマイズできるため、アンケートと同時に手書き課題を提出してもらうなど、様々な応用が可能です。

eポートフォリオとの連携

eポートフォリオと連携させレポートを成果物として蓄積するなど、既設のITCインフラをより活用できます。

レポートの共有

受講生徒全員や学生同士でレポートの共有ができます。アクティブラーニングへの活用ができます。

 

推奨環境

サーバー

OS Ubuntu(64bit)
centOS(64bit)
RedHatEnterpriseLinux6(64bit)
CPU Intel Xeon QuadCore 以上
メモリ 4GB 以上
ハードディスク 450GB 以上

ブラウザ

  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 11
  • Google Chrome 50 以上
  • Firefox 46 以上
  • Safari 9 以上

連携可能なeポートフォリオ

  • WebClass
  • Moodle
  • mahara

※eポートフォリオの連携は標準機能に含まれません。