Menu

社長TV
トップ > お知らせ > 点字が学べるEラーニングシステム「ひとりで学べるたのしい点字」を開発


点字が学べるEラーニングシステム「ひとりで学べるたのしい点字」を開発

日本の点字制定120年記念日11月1日から公開開始 パンフレット

 株式会社システム工房エムが、特定非営利活動法人全国視覚障害者情報提供施設協会(全視情協)の委託を受けて開発した「ひとりで学べるたのしい点字」と名付けたEラーニングシステムが、日本の点字制定120年記念日となる11月1日に公開されます。

 「ひとりで学べるたのしい点字」は、小学校高学年をターゲットとし、インターネットを利用して、アニメーションや動画、ゲームなどによって点字の基礎から学べるシステムになっています。

 サイトでは、盲導犬、ユニバーサルデザイン、点字図書館、私たちの身の回りにある点字を紹介するなど、視覚障害者理解につながる多彩な情報が載っています。

 この事業は、全視情協が独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業として平成21年に開発し、平成22年に実証実験を行って11月1日の公開となります。

<サイト紹介>

■「ひとりで学べるたのしい点字」サイト
 http://www.tenji-naiiv.net/

■特定非営利活動法人全国視覚障害者情報提供施設協会
 http://www.naiiv.net/

■独立行政法人福祉医療機構
 http://www.wam.go.jp/wam/

■株式会社システム工房エム
 http://www.kouboum.co.jp/


<本件に対するお問い合わせ>

株式会社システム工房エム 担当:大谷 辰夫